厩務員(きゅうむいん)になるための条件ってあるの?

厩務員(きゅうむいん) 年収
学校見学&説明会開催情報はコチラから

厩務員という職業に就くためには、まずは最低でも厩務員に関する専門学校を卒業していなければならない事になっています。

乗馬経験はもちろんのことながら、厩務員としての実務経験もなければならないものとなっています。

そのための専門学校では、乗馬クラブや、馬術部などでは難しい専門知識を積むことができるようになっています。

そしてただ専門学校を卒業しているだけではなく、厩務員試験にも合格しなければなりません。

まずJRAこと、日本中央競馬会の厩務員になるためには、JRAの競馬学校厩務員課程を修了して、そして日本調教師会が行う厩務員試験にも合格する必要もあります。

NARこと地方競馬の厩務員になるためには、競馬学校厩務員課程を修了する必要はありませんが、厩務員試験に合格をするためには、馬の飼育知識や、乗馬経験などもなくてはならないものとなります。

また、JRAの厩務員課程の募集要項には、入学時の年齢が28歳未満であり、体重が60kgを超えない事、そして入学時に中学校卒業以上の学歴がなければならないという条件があります。

そのほか、牧場経験や乗馬経験の合計が2年以上あって、牧場における競走馬や、育成馬騎乗経験が1年以上ある事も条件とされています。

厩務員(きゅうむいん)になるための課程ってどんな感じ?

年収 厩務員(きゅうむいん)
「早く」・「確実」にプロで活躍するためには?

厩務員の専門学校の課程ではどのような形で学んでいく事になるのでしょうか?

それは厩務員の専門学校によっても様々に決められているものですが、JRAこと、日本中央競馬会を例に挙げてみてみましょう。

教育課程の教育内容の専門学科では、馬学や馬術といったもの、法規から、競争倫理、そして競馬の仕組みなどを学んでいく事になります。そして馬について、厩務員は実際に乗る事についても知識が必要とされていますので、 馬の飼育管理から、基本的な馬術、そして容共技術なども学んでいく殊になります。

その他、特別講義なども行われるものとなっています。

厩務員の専門学校での過程は、基本的には一日中行うものとされています。

細かく定められている日課があり、朝から夜まで、馬に関しての知識を学び、馬と共に生活をしていく事になるものとなっています。

夏時間は朝は4時から、そして夜は7時まで様々な事を学んでいくものとなっており、厩務員として、馬につきっきりで生活をしていくという事になるでしょう。

その厩務員課程の修業期間は6か月となっており、また入学試験騎乗技術が優秀と認められていれば、3か月短縮される事もあります。

これらの修業期間を経て初めて、正式な厩務員になる事ができるのです。

高卒以上を対象とした人気の馬の専門学校
高卒以上を対象とした人気の馬の専門学校

馬での学習がそのまま高校単位になる高校
馬での学習がそのまま高校単位になる高校

全国の中学生を対象とした騎手受験対策
全国の中学生を対象とした騎手受験対策